1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 15:50:40.10 ID:???*.net
最初で最後の日本武道館コンサートを行ったアイドリング!!!の冠番組
『アイドリング!!! 10年目の明日ング!!!』(フジテレビONE)が今月いっぱいで終了。
メンバー19人は全員卒業=事実上の解散となる。

アイドリング!!!は現在のアイドルグループブームの初期を、AKB48と共に盛り上げた立役者だった。
結成は2006年10月。
フジテレビの帯番組発のアイドルとして、歴史的ブームを起こしたおニャン子クラブ、
永作博美(元ribbon)や三浦理恵子(元CoCo)を輩出した乙女塾、熊切あさ美が在籍していた
チェキッ娘の系譜を継ぐ。

前年結成のAKB48が秋葉原の専用劇場を拠点に"会いに行けるアイドル"という
新しいコンセプトを打ち出したのと対照的な、伝統的なメディア発信型。
ただ、当時はモーニング娘。人気も下火になりアイドルシーンが低調で、
番組は視聴者層が限られていたCSでの放送だった。

アイドリング!!!が新しかったのは、バラエティ路線への取り組みだ。
番組とグループの初代プロデューサー門澤清太氏は、もともと『人志松本のすべらない話』などを
手掛けていたバラエティ畑の出身。
『アイドリング!!!』でメンバーはいわゆる"アイドル"扱いをされず、相撲やプロレス技など体を張った企画に
挑戦したり、罰ゲームとして顔面に強風を当てられてひどい変顔をさらしたり、ゲテもの食いをしたり。

メンバーたちは「私たちは笑われるアイドル」と自虐発言し、「職業:アイドル。」という曲には
"ゲームに負けてパイまみれ 笑い取れずマネージャーが説教"といった歌詞も。
アイドル番組らしからぬ現場で、どんな企画もやり切ってバラエティ力を上げてきた。
初期に『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)でAKB48と共演したときは、
アイドリング!!!のほうがトークと面白さで完全にウケを持っていった。

だが、AKB48も『AKB0じ59ふん!』から現在も続く『AKBINGO!』(日本テレビ系)など
テレビで冠バラエティを持ち、アイドリング!!!と同じような体を張る企画にも挑んでいく。
そのなかで、中堅メンバーだった指原莉乃がバンジージャンプを2回に渡って飛べず、
ヘタレキャラから頭角を表したりも。

no title

(>>2以降に続く)

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1025/aol_151025_5462013052.html

【アイドルのバラエティ進出の先駆者『アイドリング!!!』が解散、9年の歴史を振り返る 当初はAKBと拮抗も】の続きを読む